カレンダー

2018年1月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
- - - - - - -

分類一覧

ログ検索

検索フォーム
キーワード

インデックス

私たちの会を紹介します。

森林

 ふるさとの自然を見直し、本物とは何かを考え、環境の破壊と心の崩壊は同根との意識のもと、かけがえのない自然を保護・保全・回復することは、いのちと心を育む教育でもあり、環境と共生した維持可能な本物のふるさとの森である「いのちの森」作りを目指し、新潟県長岡市にて1982年(昭和57年)に発足し、平成16年10月にNPO法人格を取得しました。


記事一覧

藤見の会

ファイル 40-1.jpgファイル 40-2.jpgファイル 40-3.jpgファイル 40-4.jpgファイル 40-5.jpg

当法人は、活動拠点の1つである、長岡市才津町のドングリハウスに毎年藤の花が咲く、今年も満開となり、ドングリハウス定例の作業日、本日は早めに作業を終了、藤棚の下で藤の花見会を行う。
 作業で心地よい汗も酒とビールで歌や踊りとなり、短時間ながら楽しい藤の花見会であった。

早春の山野草を訪ねる会・通常総会

ファイル 44-1.jpgファイル 44-2.jpgファイル 44-3.jpgファイル 44-4.jpgファイル 44-5.jpg

会のテーマである「植物の生きざまに学ぶ」平成26年度の活動がスタート。
菅名岳の山麓 五泉水芭蕉公園には、約3万株の水芭蕉が毎年3月下旬には開花する。今年は例年より開花が早く少々散花状態であり、小雨降る中早々に、「ふれあい自然の里水芭蕉公園」を後にした。
本日の目的である総会は、「三条しらさぎ荘」まで戻り、平成25年度事業報告書~平成26年度活動事業計画等1号議案~6号議案まで慎重審議され無事全議事は滞りなく終了。
昔日、白鷺が怪我を治し元気に飛び立った、この湯を村人は大切にしており、時間の少ない中、私たちも「しらさぎの湯」に浸かり急ぎ次の目的地へ向かう。
北陸道で西山ICから、石部神社スダジイの森・スハマソウ自生地を観察。
今年も元気に生息しているスハマソウ・カタクリ・コシノカンアオイ・キクサキイチゲなどを観察。予定通り予定の時間に無事戻ってきました。