生存競争

植物の社会は静的であり、何の動きもトラブルも秩序性も無いように見えます。
しかし、生活の様子をよく観察するといろいろな動きやトラブル、さらに団結や秩序のあることがわかります。
それは人間社会に勝るとも劣らない姿です。

 

自分自身の生命を保ち、子孫を残したり繁栄するために植物同士が空間、養分、光に対する競争をしています。
この競争について次のようなことが言えます。

  1. 同じ種のものほど競争が激しい
  2. 草丈の大きいものは空間を占有する
  3. 植物自身が土壌を変え立地を変化させてゆく

今年度の活動 ほんものの森 植物と私達の生活 植物の生様に学ぶ 会報(かしの実) 参考文献 何でもコーナー 会員募集・問合わせ